「元気な高齢社会の構築」「子そだて環境の整備充実」

Report

活動報告

「人への思いやり」が社会を明るくする

[灘区を明るくする区民運動] 区民集会において、神戸市立長峰中学校3年の中井雄太君が
作文を発表してくれました。

人として忘れてはならない事を中井君は教えてくれました。

少し長い文章ですが、中井君の許可を得て全文をご紹介します。

 

 『僕が思う社会を明るくする方法』  中井 雄太

僕は生まれたときから体が人より不自由でした。
といっても手がない、足がないというものではありません。人より骨の成長が遅く
手が短く背が低いのです。なので僕は今まで十回近く骨の手術を受けてきました。

僕が小学校へ入学したとき、最初はみんなからは「チビ」と言われたこともありましたが、
だんだんと僕の体のことを理解してくれて友達も増えていきました。

僕は手や足が短く体力もないので自分一人で出来ることが少なかったです。

例えば、授業で教室を移動するとき荷物をすべては持つことができませんでした。
そんなとき友達が「僕が、私がやるよ」と自分からいってくれて手伝ってくれました。
僕は今までの学校生活で協力ということを学びました。

そんな僕が考える「人への思いやり」とは助け合い、協力しあうことではないかと思います。

犯罪や非行を犯した人の気持ちは「どうせ僕なんてこの世にいないほうがいい」などと
自分のことをマイナスに考えてしまっていることが多いと思います。

自分も失敗ばかりしてじゃまと言われたときに「どうせ自分は」と考えて、あいつをいじめて
やろうとか死んだほうがましだと思ったことがありました。
けれどそんなときにいつも助けてくれた両親や友達、学校の先生方のことを思い出して
「こんなことをしてしまったらみんなが助けてくれた意味がない」と思って、そのような
行動をしませんでした。

犯罪や非行を犯した人は、自分一人でここまで生きてきたと思っている人も多いと思います。

でも一人だけで生きてきたというのは絶対に間違っています。

どれだけお金をかせげたとしてもどれだけ勉強して頭がよくても生きている中で一人だけで
生きてこられたとは言えません。

なぜなら人は親が何らかの事情でいない人でも他の誰かが必ず育ててくれたと思います。
僕の学校の先生はいつも「あなたたちの命の半分は親のものだ」とおっしゃっていますが
まさにその通りだと僕も思います。

今、「自分はどうせ」と思っている人がこれを読んでいるのならここで言わせてください。

「どんなに失敗が多く人に認めてもらえなくても生まれてきた意味は必ずあります。」

「どうせ自分は」ではなく「自分だからできる」ものを見つけてください。
そのためには周りの人がその人に思いやりを持ってください。

この世界のみんなが「人への思いやり」を持つかとが出来たなら、この社会はきっと
明るくなると思っています。

 

 

「目立たないけど…。頑張ります!」
2018年11月06日

「目立たないけど…。頑張ります!」

11/4の午後JR灘駅南側において、ミュージアムロードのモニュメントのお披露目式が開催されました。 JR灘駅を南側に下り、ズドーンと見下ろした道の行き止まりに、カエルが屋上にいる兵庫県立美術館があります。

詳しくはこちら
「あっ!いた!」
2018年10月23日

「あっ!いた!」

こどもみゅーじあむトラックに出会いました! 運転していて、目の前のトラックの後ろ姿が普通の景色とは違うのに気がついたので、何気なく見てみると…。

詳しくはこちら
龍神様に守られて…。
2018年10月01日

龍神様に守られて…。

「篠原の名水を防災に活用!」の続きです。 10月1日の読売新聞朝刊にて、お披露目の様子を取り上げていただきました。

詳しくはこちら
「篠原の名水」を防災に活用!
2018年09月30日

「篠原の名水」を防災に活用!

何かあった時にまず困るのが水! 坂の多い神戸では、給水車まで行くのも大変! そんな地域の皆様の声を聞き、神戸市灘区篠原北町の自治会が立ち上がり、地域の皆様に声を掛けました。

詳しくはこちら
ミロのビーナスが触り放題!
2018年09月16日

ミロのビーナスが触り放題!

9/14(金)に、神戸で「さわるアート」が開催されました。 夕食前の時間帯でしたが、参加者は50人程度で、とても有意義な会となりました。

詳しくはこちら
「若い世代も危機を感じている!日本の投票率の低さ!」
2018年08月18日

「若い世代も危機を感じている!日本の投票率の低さ!」

7月の末に、長田高校の3人の生徒さんから私にメールが来ました。神戸市の選出で、子育てを経験している議員という条件で、私がヒットしたのだそうです。

詳しくはこちら
酷暑の中の訓練!頑張りました!
2018年08月07日

酷暑の中の訓練!頑張りました!

8/5(日) 灘消防団の夏期訓練が挙行されました。あの暑さの中、灘消防団の総勢90名が基本行動、ポンプ操法、救急訓練の実演を行い、消防団の活動を地区の重鎮の皆さまにお披露目しました。

詳しくはこちら
あの雨の中「今の日本を知りたい!」という熱い思いの45名が集う!
2018年07月17日

あの雨の中「今の日本を知りたい!」という熱い思いの45名が集う!

7/7(土)「平成30年度 国・県・市の合同意見交換会」を開催しました。今回で3回目となる神戸市灘区においての意見交換会を、警報が発令中ではありましたが開催させて頂きました。

詳しくはこちら
県政レポートが発行されました
2018年07月04日

県政レポートが発行されました

「少子高齢化を踏まえた社会づくり」という大きな課題に向かって、今後も全力活動してまいります。

詳しくはこちら
「やっぱり、みんな考えてますね!」
2018年06月08日

「やっぱり、みんな考えてますね!」

『灘中央市場にできる空き地で何ができるか企む。』という講座に、30名以上の方々が集まってくれました。

詳しくはこちら
「お祭りは地域活性の要!」
2018年05月08日

「お祭りは地域活性の要!」

お祭りの日が、やって来た! お祭りになると、遠方にいた皆が集まって来る! 地域の皆さんが守り続けてきた伝統を絶やさぬように、今年もやります!

詳しくはこちら
「日本最古の登り窯、火入れ間近です!」
2018年04月27日

「日本最古の登り窯、火入れ間近です!」

篠山市今田町上立杭に現存する丹波焼の登窯「最古の登窯」は、兵庫県の有形民俗文化財に指定されています。

詳しくはこちら
女性の声を届けます!
2018年03月31日

女性の声を届けます!

2月に姫路市にて開催いたしました「いどばたキャラバン」では、子育てに奮闘されている方や その関係機関に属しておられる方々など、地域の皆様の生の声をお伺いすることができました。

詳しくはこちら
「笑いは、認知症をも吹っ飛ばす!」
2018年03月10日

「笑いは、認知症をも吹っ飛ばす!」

この度、神戸市灘区のデイサービス「笑福門」の活動に参加させていただく事となりました。 笑福門では、笑うことを活動方針の一つとして、利用者様の心のケアに努めています。

詳しくはこちら
心を運ぶ、「こどもミュージアムトラック」
2018年01月16日

心を運ぶ、「こどもミュージアムトラック」

とっても素晴らしい活動に出会いました! 「なんとかして、危険運転・交通事故を無くしたい…」 トラック運転士の願いから生まれたトラックが『こどもミュージアムトラック』です。

詳しくはこちら
「冷たい雨の中の成人式…」
2018年01月09日

「冷たい雨の中の成人式…」

明けましておめでとうございます。今年も頑張って働きます! 1月8日(祝・月)は、冷たい雨がショボショボと降る中、大勢の新成人の方々に囲まれて駅からグリーンアリーナ神戸までの道のりをゆっくり、ゆっくり、と歩いて参りました。

詳しくはこちら
2017年を振り返って③「女性が政治に興味を持つ事が大切!」
2017年12月31日

2017年を振り返って③「女性が政治に興味を持つ事が大切!」

今年の活動の締めくくりの一つは、自民党女性局の活動です。私は本年7月に、自由民主党兵庫県連女性局長の職に着かせて頂きました。歴史ある女性局の活性化に力を尽くして参ります。

詳しくはこちら
2017年を振り返って②「大自然を感じられる防災が嬉しい!」
2017年12月31日

2017年を振り返って②「大自然を感じられる防災が嬉しい!」

今年の中盤戦は、景観と防災を考える議員連盟の活動を実現しました。 東日本大震災の津波被害は大変大きな傷を残しました。 その結果、14メートルもの防潮堤が建設されています。全く海が見えなくなり、逆に防災面で問題ではないかと云われています。

詳しくはこちら
2017年を振り返って①「とっても爽やかだった!小泉進次郎氏」
2017年12月29日

2017年を振り返って①「とっても爽やかだった!小泉進次郎氏」

今年の3月20日に、淡路島で「平成28年度政務調査会」が行われました。メイン講師の小泉進次郎衆議院議員は、当日の朝からカーネーション農家と玉ねぎ農家を周り、現場で頑張る若い人々と交流を行い、その後900人が待つしづかホールに来られました。

詳しくはこちら
「巨大ヒアリにドッキリ!!」
2017年11月16日

「巨大ヒアリにドッキリ!!」

11/14(火)に、三田市にあります「人と自然の博物館(ひとはく)」に行って来ました。 冷たい雨の中でも子ども達が見学に来ており、賑やかな声も聞こえていました。

詳しくはこちら